Hatena::Groupkwfsws

kiwofusiの作業ログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2014-02-01

2014年1月の読書メーター

20:29 | はてなブックマーク - 2014年1月の読書メーター - kiwofusiの作業ログ

2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:837ページ
ナイス数:10ナイス

ちょいデキ! (文春新書)ちょいデキ! (文春新書)感想
すぐ使いたくなるコンパクトで豊かな仕事メソッドが提案されている。たまに「それはやはり「デキ」では」みたいな意識の高さを感じたが、だいたいリラックスできてよかった。小飼弾の新書本で勧められていて読んだ。
読了日:1月11日 著者:青野慶久
辞書の仕事 (岩波新書)辞書の仕事 (岩波新書)感想
「築く」と「仰ぐ」を例にした解説文づくりの実演がおもしろかった。十分な用例に基づいて感覚を活かしつつ整理する。発想法とか概念モデリングにも通じそう。辞書ユーザ目線では用例とか例文っておまけにみえるけれど、辞書をつくる過程での大切さがわかった。「甘酒」が夏の季語であることに着目した、言葉は生活とつながっているという話がおもしろかった。
読了日:1月8日 著者:増井元
工学部ヒラノ教授工学部ヒラノ教授感想
すごい学生の話がすごかった。理系研究者からみた学生像。ご謙遜のとおり読み物としてはあまりこなれていないが、それがエンジニア思考の情緒かもしれない。
読了日:1月7日 著者:今野浩
まんがと図解でわかるニーチェ (別冊宝島) (別冊宝島 1729 スタディー)まんがと図解でわかるニーチェ (別冊宝島) (別冊宝島 1729 スタディー)感想
まんがとしてもお話がちゃんとしていておもしろかった。知的にすれてないひとが素直に悩んで考えるさまがほほえましい(とか思ってしまうことに卑しさを感じる)。
読了日:1月6日 著者:

読書メーター

jgqxwnoaetjgqxwnoaet2014/05/07 20:54axxlklxgtxt, <a href="http://www.yjslksxbev.com/">gmqwclblqy</a> , [url=http://www.ovawtbctrh.com/]goziooiaow[/url], http://www.owrmmhxvqa.com/ gmqwclblqy

2014-01-01

2013年12月の読書メーター

09:18 | はてなブックマーク - 2013年12月の読書メーター - kiwofusiの作業ログ

2013年12月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:671ページ
ナイス数:5ナイス

神様降臨神様降臨
読了日:12月9日 著者:マルク=アントワーヌ・マチュー
これだけ!  KPTこれだけ! KPT感想
PDCAサイクルはなぜ回らないのか?」「優秀すぎるチームリーダーが抱えていた問題は?」などの興味深い問題に対する鋭い考察と、その改善にKPTがどう活きるかがえがかれていてエキサイティング。
読了日:12月17日 著者:天野勝
プラグマティズム―限りなき探究プラグマティズム―限りなき探究感想
ローティとかウィトゲンシュタインとか。あんまり理解できてないけど、さいきんの哲学の話に触れられる感じがした。ローティ言語ゲーム理解(「より良い」言語ゲームみたいなものは、ない)への批判が興味深かった。ローティ読みたくなった。
読了日:12月27日 著者:ヒラリーパトナム
WEB+DB PRESS Vol.78WEB+DB PRESS Vol.78感想
いつも楽しませてもらっているサービスの一側面を知れてうれしかった。高度な技術については優秀な既製品を活用している感じとか、「経験」をデータ分析によって自動化するというのがおもしろい。
読了日:12月31日 著者:WEB+DBPRESS編集部編,栗林健太郎,安詮院康広,山口良平,尾上忠輔,大川高志,坂本寛樹,青木峰郎,増井雄一郎,中島聡,江島健太郎,中島拓,柴田博志,伊藤直也,登尾徳誠,片桐崇,後藤秀宣,佐藤鉄平,近藤宇智朗,長野雅広,奥野幹也,渡邊恵太,A-Listers,家永英治,はまちや2,川添貴生,原田勝信,和島史典,城倉和孝,安達俊雄,Akira,川嶋賢一

読書メーター

2013-12-01

2013年11月の読書メーター

09:25 | はてなブックマーク - 2013年11月の読書メーター - kiwofusiの作業ログ

科学者が人間であること (岩波新書)科学者が人間であること (岩波新書)感想

ひとや自然が生きものらしくいられる科学のあり方を考え、科学者は思想と日常の二つの立場から自然と向き合う者であると語る。「論文しかない科学」を「楽譜しかない音楽」に喩えるのがおもしろい。演奏でしかわからない意味、質、物語みたいなものはあると思う。

読了日:11月13日 著者:中村桂子
リチャード・ローティ=ポストモダンの魔術師 (講談社学術文庫)リチャード・ローティ=ポストモダンの魔術師 (講談社学術文庫)感想

哲学のあたりだけ読んだ。

読了日:11月21日 著者:渡辺幹雄
生きのびるためのデザイン生きのびるためのデザイン感想

興味深いけれど文体が肌に合わなくてあまり読めなかった。

読了日:11月21日 著者:ヴィクター・パパネック
批評の精神分析 東浩紀コレクションD (講談社BOX)批評の精神分析 東浩紀コレクションD (講談社BOX)感想

イラストがあほらしくてすてき。

読了日:11月21日 著者:東浩紀
オートポイエーシス論入門オートポイエーシス論入門感想

河本、ヴァレラ、ルーマンなどを包括的に解説。オートポイエーシスを説明する文章として一番読みやすく感じた。読み切れてないけど「学問」の話がおもしろそう。

読了日:11月21日 著者:山下和也

2013-11-01

2013年10月の読書メーター

09:24 | はてなブックマーク - 2013年10月の読書メーター - kiwofusiの作業ログ

計画の科学―どこでも使えるPERT・CPM (ブルーバックス)計画の科学―どこでも使えるPERT・CPM (ブルーバックス)感想

PERTを使った計画(プランニングスケジューリング、フォローアップ)のやり方を解説している。計画につきまとう経験や勘という泥臭さを科学的方法によって脱臭する力強さを感じた。図の載せ方が巧くて、ページを行ったり来たりせずに文章と図を読み比べられるのがうれしい。

読了日:10月7日 著者:加藤昭吉
SCRUM BOOT CAMP THE BOOKSCRUM BOOT CAMP THE BOOK感想

進研ゼミ勧誘マンガを読むような気分でスクラムを学べる楽しい入門書。マンガと解説のバランスがよくて、すいすい読めつつも重厚な読了感を味わえた。こんな入門書がいろんな分野で増えてほしい。

読了日:10月7日 著者:西村直人,永瀬美穂,吉羽龍太郎
ハイブリッドアジャイルの実践ハイブリッドアジャイルの実践感想

業務形態の話とか珍しい。ペアプロ生産性グラフが興味深い。事例紹介は(難しいだろうけど)追体験(演習)可能なレベルまで詳しくわかれば独創的な教科書になったと思う。

読了日:10月30日 著者:英繁雄,奈加健次,平岡嗣晃,前川祐介
間違いだらけの設計レビュー間違いだらけの設計レビュー感想

設計レビューとはいえ、基本的には「建設的なコミュニケーションの仕方」であって、会議とか議論の仕方に通じるところが多そう。

読了日:10月30日 著者:森崎修司